読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴彦の雑記ブログ

ニュースを取り上げて解説していきます。

豊かな風合いに加え、ポリエステルの持つ高い機能性を兼ね備えています。

テーマは外貨建てや変額年金保険などの貯蓄性保険の販売の際に、銀行が保険会社から受け取る販売手数料の開示だ。
金融庁がかねて高水準で不透明と問題視しており、当初は今年10月からそろって開示する予定だった。
だがこれに先立ち手数料開示の議論が金融審で始まった。
金融機関の間で金融庁は拙速な 開示より金融審の議論を踏まえた対応を望んでいるという説と議論を待たずできることからやれというのが本音だという2通りの説が流れた。
気にするのは当局の真意ばかり。
顧客本位という目的はかすんでいた。
こういう体質だからこそ、あえて金融庁が商売の基本である顧客本位を、声高に言わなければならなくなっている面がある。
ノルマで営業を縛り高い販売手数料や顧客に見えにくいサヤを抜けるような複雑な商品に傾斜してきた経営。
それが自身の経営悪化という形で跳ね返ってきているように見える。
森信親長官は10月に都内で講演した際、こう述べた。
投資商品も頻繁に回転売買させれば、当座は手数料収入は稼げる。
ただ成功体験を味わえない顧客が投資をしなくなれば、い ずれ商売は細る。
逆に顧客本位で商売をしていれば、短期的には手間が増えるが、いずれ自らの利益にかなうはず。
損して得とれという昔ながらの商売の理屈を解いているにすぎない。
とは言え金融機関が当局や同業者を気にして他産業では自明のことができていない責任は、厳格な規制で縛ってきた金融庁にもある。
結局、貯蓄性保険の手数料については、10月から11月にかけて一斉に大手・地方銀行が開示を始めた。
ただ金融庁は実は開示内容には差があると指摘する。
最後にこんな情報をお伝えします。
幼稚園の面接の服装として最適な素材として挙げたいのが、ウール×ポリエステルの混紡です。
この素材ならば、ウールとポリエステルの良いところを併せ持ち、受験にはうってつけなのです。
豊かな風合いに加え、ポリエステルの持つ高い機能性を兼ね備えています。
また、ウール×ポリエステルの混紡であれば、ウール100%のスーツよりも価格を抑えられるというメリットもありますね。
幼稚園面接服装