読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴彦の雑記ブログ

ニュースを取り上げて解説していきます。

今年に入り成長モデルの模索を矢継ぎ 早に打ち出した。

晴彦です、営業利益は前年同期比10%増の421億台湾ドルで、米アップル需要を取り込み4四半期ぶりに増益に転じた。
純利益は9%減だったが、金融費用など一時的な要因が大きかったようだ。
鴻海はグループとしてシャープに66%を出資しているが、郭台銘董事長の投資会社など計4社で分散保有する。
上場する中核会社、鴻海精密工業の保有とみなされるのは約45%で、この比率に応じた利益だけが営業外損益に反映される。
業績への影響を最小限にすることが分散保有の狙いとみられる。
シャープは16年3月期に2559億円の連結最終赤字を計上し、4~9月期も454億円の赤字。
15年12月期に5千億円規模の純利益を上げた鴻海にとっても無視できない額だ。
売上高が膨らみ 、利益率が悪化するのも避けられる。
価格競争が激しいEMSや電子部品の成長性を図る指標として、台湾市場は売上高粗利益率や営業利益率を特に重視するからだ。
シャープの業績自体が改善傾向なこともあり、11日の決算発表でシャープ絡みの懸念はいったん後退した格好だ。
ただ翌営業日である14日の鴻海株は前日比横ばいにとどまった。
昨年後半からのiPhoneの販売失速で16年7~9月期まで4四半期連続の最終減益が続き、6期連続の最高益更新を目指していた今期は黄信号がともった。
単純なEMSからの転換という本質的な課題が改めて問われる。
今年に入り鴻海はノキアの従来型携帯電話事業の買収、英アーム・ホールディングスとの提携など新たな成長モデルの模索を矢継ぎ 早に打ち出した。
特にシャープ買収は成長戦略への信任を測る試金石だ。
シャープの業績回復への注目は続く。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
■赤ちゃんの夜泣き対策にお勧め【すやねむカモミール】の効果は?
http://www.xn--88jxb1co1rplua7e0h.net/
ママの心臓の音が聞けるように、胸にピッタリ赤ちゃんの耳をくっつけて抱っこするスタイルが効果的です。
また、普段あまり刺激が与えられない身体の部分を触ってみると、珍しい刺激に驚いて泣き止むこともあります。
例えば耳の穴を小指でコチョコチョしてみたり、顔にフッと息を吹きかけるのも有効です。
夜泣きを止めるうえで大切なのは、赤ちゃんの意識を、泣くことからいかに逸らすかということです。
以上、「赤ちゃん」に関する情報でした。