読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴彦の雑記ブログ

ニュースを取り上げて解説していきます。

お互いに激しい批判ばっかりでうんざりだ。

晴彦です、実際の勝敗は各州に割り当てた計538人の選挙人の獲得数で決まる。
過半数を得た候補が来年1月に次期大統領へ就任する。
最新の予測では、クリントン氏が獲得確実な選挙人数は203人、トランプ氏は164人。
いずれも過半数に達しておらず、残る171人の行方が勝敗を決める。
候補は投票当日の未明まで激戦州で遊説を続けた。
クリントン氏は7日、ペンシルベニア州での演説で、トランプ氏を気質の面でも経験の面でも不適格と決めつけた。
対するトランプ氏は1日で5州を回り、クリントン氏は最も腐った大統領候補
腐敗政治を打ち破ろうと叫んだ。
今回の米大統領選は異例ずくめの展開だった。
2008年に続いて民主の候補指名争いに 出馬し、早くから本命視されたクリントン氏に対し、当初は泡沫候補とみられたトランプ氏は、過激な発言で既存政治に不満を抱く低所得層らの支持を集め、党予備選を勝ち上がった。
米大統領が打ち出す政策は、米国内だけでなく世界情勢を大きく左右する。
世界経済は回復がもたつき、外交・安全保障ではロシアや中国が強硬姿勢を強める。
過激派組織イスラム国など国際組織の台頭も秩序を揺さぶる。
次期大統領には世界の安定と持続的発展に向けた強いリーダーシップが期待されるが、トランプ氏は米国第一を掲げて日本や韓国との同盟見直しを主張。
クリントン氏もかつて支持した環太平洋経済連携協定へ反対に回った。
どちらが勝っても米国は内向き志向を強めそうだ。
互いの非難合 戦が目立ったのも今回の大統領選の特徴だ。
クリントン氏は国務長官の公務に私用メールを使用していた問題、トランプ氏は過去のわいせつな女性蔑視発言など、お互いに激しい批判ばっかりでうんざりだ。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
■リーガルのビジネスシューズが【お得】コチラの通販がお勧め!
http://www.xn--mckwaceg5isb5jobl9pi.com/
1枚革を袋状にして自分で作るコンセプトのインディアンモカシンが発売されたのも、1970年代です。
人類の英知を確認してもらうという、ユニークな遊び心が見えますね。
●1980年代
1980年代に入ると、リーガルシューズの会員システム、リーガルクラブが誕生し、より顧客に近いサービスが可能になりました。
伝統と軽量を併せ持つ、現在の【REGAL WALKER】が生まれたのも1980年代です。
以上、「リーガル ビジネス シューズ」に関する情報でした。