読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴彦の雑記ブログ

ニュースを取り上げて解説していきます。

子どもは小さいうちから友達と遊ばせ、地域行事に参加させる

晴彦です、特に効果的なのは友達との遊び、地域活動、家族行事などの人間的な触れ合いと関連する体験で、子供の頃に他人と関わる体験を多くした人ほど、大人になって結婚願望が高くなる。例えば、子供の頃に友達との遊びを多く体験した人では結婚したいが83.…

豊かな風合いに加え、ポリエステルの持つ高い機能性を兼ね備えています。

テーマは外貨建てや変額年金保険などの貯蓄性保険の販売の際に、銀行が保険会社から受け取る販売手数料の開示だ。金融庁がかねて高水準で不透明と問題視しており、当初は今年10月からそろって開示する予定だった。だがこれに先立ち手数料開示の議論が金融審…

英語のみの授業で単位を取れるコースを設けた結果日本語が話せない留学生が増えた。

晴彦です、効果は絶大だった。日本人なら3カ月かかる仕事を1週間でこなす。今や台湾やタイでも技術者を募り、従業員120人の1割以上が外国人だ。周りの日本人社員も英語を猛勉強し、全くだめだったというTOEICの平均スコアも急上昇。今年10月には英語…

正元はプロイセン有利であると見抜いていた。

晴彦です、記録は1870年7月に始まる。国境での戦闘でフランス軍が大敗したとの報が伝わるとパリは騒然とした。市民は落ち着いて行動せよ。偽りの情報を流した者は処罰する。そんな布告が掲出された。さらには20歳から35歳までの者を兵隊に編成するという。…

自分の居場所と役割を考えどうすればいいかを自身 で考えなければなりません。

晴彦です、この立場が 変わるということを認識するのが決定的に重要なのです。特に現役時代に人事権を持っていた人は、周りの対応の変化に戸惑うことでしょう。以前なら自分の上司だから嫌な自慢話でも我慢して聞いてあげたり、黙って指示に従っていたりした…

今年に入り成長モデルの模索を矢継ぎ 早に打ち出した。

晴彦です、営業利益は前年同期比10%増の421億台湾ドルで、米アップル需要を取り込み4四半期ぶりに増益に転じた。純利益は9%減だったが、金融費用など一時的な要因が大きかったようだ。鴻海はグループとしてシャープに66%を出資しているが、郭台銘董事長…

海外物流事業強化に働きかけてるがそろそろ限界も浮かび上がる。

それでも日本郵政の17年3月期の連結純利益は3200億円と前期比25%減る見通しだ。国債の運用利回り低下でゆうちょ銀行とかんぽ生命の運用収益が低迷するのが一因。ゆうちょ銀の純利益は3000億円と8%減る見込みだ。ゆうちょ銀は脱国債へ向け米国債など外国…

お互いに激しい批判ばっかりでうんざりだ。

晴彦です、実際の勝敗は各州に割り当てた計538人の選挙人の獲得数で決まる。過半数を得た候補が来年1月に次期大統領へ就任する。最新の予測では、クリントン氏が獲得確実な選挙人数は203人、トランプ氏は164人。いずれも過半数に達しておらず、残る171人の…

嘉納教授は安全対策に人や資金を投入できない業者も多いと指摘した。

晴彦です、六本木で起きた怖い事故。警視庁はパイプを足場に固定する留め具が外れたことや、防護板が一部未設置だったことが事故の直接の原因とみている。一方で迂回路の設定や誘導の方法が適切であれば、落下物が当たるのを防げた可能性もあるとし、歩道上…

企業トップに就くのは米フェイスブックを創業したマーク・ザッカーバーグ氏のような人ばかりではない

晴彦です、ここにきてスウェーデンの経済学者フレドリック・エリクソン氏とビジネス・ストラテジストのビヨン・ベーゲル氏が共著イノベーション・イリュージョンでより悲観的な見方を提示した。両氏は資本主義の成長のけん引力、つまり経済学者シュンペータ…

プミポン国王は長期にわたる在位で国の安定の柱としての権威を高めた。

晴彦です、ワチラロンコン皇太子は国民と悲しみを分かち合いたいとして即位を急がない考えを政府に伝えていた。悲しみに浸る国民感情に配慮したとされたが、即位の時期が定まらないことがかえって国民の動揺を誘いかねない状況だった。プミポン国王は在位70…

ほかの味を邪魔せず引き立てるのでコーヒーや紅茶にも合う

和三盆作りは地元農家に依頼して春に苗を植えたサトウキビを12月に収穫するところから始まる。サトウキビを絞った汁を、アクをたんねんに取り除きながら釜で煮詰める。いったん不純物を沈殿させ、上澄み液を再び煮詰めて冷ますと、茶褐色のどろっとした白下…

セブン&アイ・ホールディングスに関する業務提携のニュース

晴彦です、最初のブログはビジネス情報からピックアップです。 セブン&アイ・ホールディングスが、百貨店事業でエイチ・ツー・オーリテイリングと資本業務提携するそうです。驚きはありません。業界では今後も生き残りをかけた再編は続くでしょう。当社にと…